Type your search keyword, and press enter

余命半年と宣告された人が、16年間食べ続けてきたガンの予防食

私は、1年間で父と母の2人をガンで亡くしています。その為、自分もガンになりやすいと思っており、ガンに関係するTV番組は見てしまいます。

今回は、BS-TBS 『もう怖くない!? がん医療最前線』と言う番組を見ましたので紹介したいと思います。

この番組では、ステージ3の手術不可能で余命6ヶ月と宣告された肺がん患者さんの例を取り上げて紹介していました。

余命6ヶ月と宣告されたのは65歳の男性。

彼が肺ガンであるとわかったのは平成13年1月の事。

病院でのCT検査で、肺以外の周りの組織や臓器、リンパ節にも転移しており、末期の肺癌だとわかり病院では、放射線と抗がん剤の治療を受けたが再発してしまいます。

医療ではもう何もできないと匙をなげられました。

その時、最後の頼みのつなが、地元である滋賀県で良く食べられる薬いらずと言われている食べ物「鮒ずし」です。

昔から、「鮒ずし」は体調が悪い時に食べられていたそうです。

ですが、鮒ずしは毎日食べるには高価なので無理、そこで、独自で考案したのが、鮒寿司と同じ成分+米粉+水で作った鮒寿司ヨーグルト。

玄米と野菜の食事に、1日500gの鮒ずしヨーグルトを食べ始めました。

すると、レントゲンで見るといまだにガン細胞はは残っていますが、ガンの進行を抑えることが出来ているそうです。

専門家が考えるには、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。

それが、鮒寿司を研究している第一人者 前田浩明農学博士の話では、植物性乳酸菌は免疫力を高める事が証明されてきているのだそうです。

前田先生は、病院と共同で、ガン患者に鮒寿司の乳酸菌を摂取してもたったところ、同じ結果がでたそうです。

どのようにして働くのかと言うと、小腸の粘膜にいるリンパ球(白血球)に働きかける。それは免疫細胞を活性化させていると考えられるそうです。

あれから16年、現在、患者さんは半年に一度、病院で検診を受けるだけなんだそうです。

メカニズムははっきりとは分からないが、植物性乳酸菌が、直接ガン細胞を攻撃しているわけではなく、ガンと闘う免疫細胞をアップさせていると考えられるそうです。

また、乳酸菌と言っても、たくさんの種類があるので、たまたま、この患者さんにはこの鮒寿司の植物乳酸菌がとても合っていただけで、みんなが同じような結果になるとは限らないといいます。

自分の免疫力を高める食べ物を見つけることが大切なんだそうです。