Type your search keyword, and press enter

吉井玲さんが白血病を克服して遂に結婚!

1996年に清純派アイドルとしてデビューをし、その後バラエティー番組やドラマで活躍していた吉井玲さんを覚えていますか?とっても美人で人気がありました。

ところが、2000年に血液のがんと言われる急性骨髄性白血病を発症。治療に専念するためにしばらくの間芸能活動の表舞台からは姿を消すことになります。

その後、辛い闘病生活が始まるのですが、お母さんとの白血球の型が一致していることがわかり、骨髄を提供してもらい骨髄移植を受け白血病を克服。その後、芸能界に戻って活躍されています。

その闘病生活を書いた『神様、何するの』がベストセラーとなり、ドラマ化されたこともありました。

そんな吉井さんも34歳になり、ついに素敵なパートナーを見つけたようです。今日のワイドショーによると吉井玲さんと、俳優の山崎樹範さんがそれぞれのプログで結婚を発表したと紹介していました。

吉井さんさんのブログによると、『山崎さんとは仕事を通じて出会い、昨年共通の友人を介して再会し、交際へと発展しました。彼は優しさとユーモアに溢れ、なにかと考え過ぎる私を受けとめ、前向きな気持ちに変えてくれます。いつも素直な自分でいられ、自分には難しいと思っていた結婚というものが、彼と出逢い自然な事だと思えたのです。』と山崎さんとの出会いと結婚に至った気持ちを正直に打ち明けています。

白血病で治療している時には、こんな時が来るとは思いもしなかったのではないかと想像しますが、これからは、何かあっても一緒に戦ってくれる人ができました。

山崎樹範さんも俳優をしながらバラエティー番組に出演していて、とっても親しみやすくて暖かい人柄が人気ですよね。この人なら一緒に人生を共にしても大丈夫って他人の私でも思えますもの。

よく明石家さんまさんが人生で一番大切にしている言葉は?と質問されると必ず答える「生きてるだけでまるもうけ」という言葉をふと思い出した。本当に良かったですよね。末永くお幸せに。